国際文化学部 重定ゼミ

プログラム初心者なので、今期はVisualBasicを通じて初歩から少しづつ学んでいきました。お陰でまともに遊べるものはほとんどないかもしれません。

初めてのプログラムです、ボタンを配置するだけで自由に使える手軽さに驚かされました。効果音を挿入したり、勝ち負けで背景の色を変えたりしてみました。起動する度に相手が出す手をランダムにしたりという工夫もしました。

添付ファイル 添付 1
じゃんけんver0.1.zip (794.3K) - ダウンロード

こちらはゲームと呼べる物ではなく、色々と学ぶために作られたようなものです。まずはウィンドウ上に画像を呼び出して動かしてみることから初めて、次に呼び出した画像を、キーボードに連動して動くかす、というようなアクションゲームとしては最も基本的な事を学びました。

添付ファイル 添付 1
シューティングver0.1.zip (150.8K) - ダウンロード

プログラムを新しく書き足したり、消したりすることが多かったので、途中からはver0.2としました。キーボードの任意のキーに連動して、弾を設定した方向へと飛ばすプログラムを書きました。ここでは、角度の計算をするのに初めてsinとcosを使った計算を行いました。

添付ファイル 添付 1
シューティングver0.2.zip (153.8K) - ダウンロード

銃を的に撃つようなゲームです。的の中心に近ければ近いほど高得点です。マウスに追従して照準が動くプログラムを書きました。また、マウスが移動したり、射撃を行ったりすると着弾点がずれるようなプログラムも書きました。銃を選べるようにして、それぞれに違うステータスを割り振ったりもしました。

添付ファイル 添付 1
射的ver0.1.zip (90.9K) - ダウンロード

ver0.1と違って、的の数を増やしつつ一定時間で次々と現れるようにしました。指定された数の弾が的に当たると、的の色が変わり、その的では点が入らなくなるような工夫をしてみました。将来的には的の位置をランダムにしてみようと思います。銃声もとりあえず追加しましたが、まだ色々と未調整です。

添付ファイル 添付 1
射的ver0.2.zip (117.6K) - ダウンロード

 最も力の入ったプログラムかと思います。サーキット内をレースして、タイムを競うようなゲームです。コースと車の座標や角度を自由に移動できるので、「壁にぶつかる」というプログラムを作るのにとても苦労しました。壁に当たると速度に応じてライフが減っていくようなギミックを入れてみました。細かい調整は済んでいませんが、マップを好きなように作れるマップエディターも実装しました。更には任意の順位までのハイスコアをコースごとに保存し、ゲーム中に観覧するプログラムも書きました。

添付ファイル 添付 1
サーキットver0.1.zip (170.3K) - ダウンロード